大観の旧邸は、一幅の絵画を愛でるように造営されています。

一階縁側の広々としたガラス窓の桟は、縁側に座して庭を眺める際に妨げにならないように、高い位置に配されています。縁側から望む庭園は、一幅の絵画です。

■横山大観記念館の庭園は、保全のため立入禁止です。
■館内の作品は、随時展示替えを行っております。 

同記念館の玄関前には、清水六道六地蔵石塔(萬治3年(1660))が置かれています。京都東山の珍皇寺近辺は、六道の辻と呼ばれ、古くから冥土への道と言われていました。同石塔は、六道の辻に置かれていたものと思われます。




同記念館には、使用していた画材や用具と共に、大観旧蔵品の花器等も展示されることがあります。

終生師と仰いだ岡倉天心から明治39年(1906)の遠藤直子との再婚を祝って送られた書簡。大観は、明治36年(1903)に最初の妻文子を亡くした後に直子と再婚しましたが、直子も大正2年(1913)に亡くなりました。


明治40年(1907)の文部省美術展覧会開催に際して、天心が菱田春草、大観を審査員に推挙しましたが、春草が落選したと伝える旨の書簡


 


同記念館の玄関前には、清水六道六地蔵石塔(萬治3年(1660))が置かれています。京都東山の珍皇寺近辺は、六道の辻と呼ばれ、古くから冥土への道と言われていました。同石塔は、六道の辻に置かれていたものと思われます。


■横山大観記念館の庭園は、保全のため立入禁止です。
■館内の作品は、随時展示替えを行っております。