天心の国際人としてのルーツは、アジアにありました。

荒々しい白波が岩を洗っています。天心の晩年は、五浦釣人(いづらちょうじん)と称される程、釣りに没頭していました。自らの設計により建造した船、龍王丸で漕ぎ出す様が思い起こされます。
茨城県天心記念五浦美術館は、岡倉天心、横山大観等の五浦に縁のある作家を顕彰して、平成9年(1997)に開館しました。同館が建つ五浦海岸は「日本の渚100選」に、そしてその波音は「日本の音風景100選」にも選ばれています。

 

茨城県天心記念五浦美術館のページへ



天心を初めとして、横山大観、菱田春草、下村観山、木村武山等の五浦の作家を顕彰した茨城県天心記念美術館は、五浦の作家に因み、日本画を中心とした展示活動を行っています。館内には岡倉天心記念室も設けられ、晩年の天心の生活や活動を知る資料が展示されています。

かっての日本美術院研究所の建物。五浦海岸の切り立った崖上に建てられていました。

日本美術院研究所での制作風景。手前から木村武山、菱田春草、横山大観、下村観山。研究所の奥は天心の居間が設けられていました。(茨城県天心記念五浦美術館所蔵)
 

 明治36年(1903)から五浦に居を構えていた天心は、ボストン美術館の仕事のため、年の大半は海外に赴いていました。明治39年(1906)11月の日本美術院移転の際にも天心は中国に滞在しており、不在でした。その移転に伴って大観、観山、春草、武山等の若き画家たちも五浦に転居し、翌年の文展(文部省美術展覧会)への出品を目指して制作に没頭しました。また、その年の夏には、安田靫彦や今村紫紅等も加わりました。10月に開催された第一回文展には、大観は「二百十日」「曙色」、春草は「賢首菩薩」、観山は「木の間の秋」、武山は「阿房劫火」を出品し、それぞれに高い評価を得ました。
 けれども、五浦での生活は厳しく、日々の生活にも窮する程でした。明治41年(1908)6月には、春草は眼病治療のため上京し、続いて大観も自宅が火災で焼失したため、当地を離れます。明治42年(1909)に大観は五浦に再び新居を設けますが、その年の10月には上野池之端に新居を建てています。10月に開催された第三回文展には、大観は「流燈」、春草は「落葉」を出品し、高い評価を得ましたが、明治44年(1911)9月に春草はついに病没しました。日本美術院研究所の活動は、明治43年(1910)5月に天心がボストン美術館中国・日本美術部長に就任し、海外出張が増す毎に停滞していきました。
 明治45年(1912)、残っていた観山は横浜へ、そして武山も上京します。大正2年(1913)4月に、天心は病のためボストン美術館を休職し帰国しましたが、その年の9月2日に、静養先の赤倉に没しました。天心の死後の大正3年(1914)、大観が第八回文展の審査委員から外れ、観山はその任命を辞退しました事を機に、天心の一周忌の9月2日、大観と共に尽力し、日本美術院を台東区谷中に再興しました。その年の10月15日には、再興第一回日本美術院展が開催されました。


天心記念室には、天心の遺品や資料が展示されています。館内の手前には、天心自ら設計した船、龍王丸が復元されています。同美術館の天心関連の資料は、天心の弟岡倉由三郎旧蔵品や、天心に師事し絵画科に学び、明治26年(1893)の天心の中国美術調査に同道し、後に天心の推薦でボストン美術館監査顧問となった早崎稉吉(はやざき こうきち)の資料、東京美術学校の教員でもあった新納忠之介 (にいの ちゅうのすけ)の旧蔵品等から成り、天心の功績を明らかにしています。


  

天心の釣り姿(明治40年頃)(茨城県天心記念五浦美術館所蔵)



天心記念室には、現存しない天心の書斎が再現されています。

天心は、五浦を訪れた際、即興でその風景を「五浦即事」と題して詠んでいます。
 
 蟬雨緑霑松一邨
 鷗雲白漾水乾坤
 名山斯処托詩骨
 滄海為誰招月魂
      天心生
  
   蟬雨 緑に霑ふ 松一邨(ぜんう みどりにうるおふ まついっそん)
   鷗雲 白く漾む 水乾坤(おううん しろくかすむ みずけんこん)
   名山 斯処 詩骨を托す(めいざん このところ しこつをたくす)
   滄海 誰が為にか 月魂を招く(そうかい たがためにか げっこんをまねく)


横山大観「五浦スケッチ」(大正5年(1916)、茨城県天心記念五浦美術館所蔵)
スケッチの左上には、"Izura, Mr. Okakura's house, Yokoyama's house"と書かれ、スケッチにはその位置の印と天心邸までの順路が描かれています。

茨城県天心記念五浦美術館は、岡倉天心、横山大観等の五浦に縁のある作家を顕彰して、平成9年(1997)に開館しました。同館が建つ五浦海岸は「日本の渚100選」に、そしてその波音は「日本の音風景100選」にも選ばれています。
 
 

茨城県天心記念五浦美術館のページへ