岡倉天心は、フェノロサの教示を得て日本美術に開眼しました。

岡倉天心記念公園(通常は、六角堂の扉は閉じています。)

 
岡倉天心記念公園

岡倉天心(茨城県天心記念五浦美術館所蔵)

 
 岡倉天心(岡倉覚三、1863-1913)は、横浜に生まれ、東京開成学校(現東京大学)に学び、同校講師フェノロサの美術論に強い影響を受け、文部属を経て、フェノロサとともに欧米美術視察に派遣され、明治23年(1890)に東京美術学校初代校長濱尾新を継いで第二代校長となりました。フェノロサを初めとして黒川真頼、橋本雅邦、高村光雲、川端玉章、巨勢小石、狩野夏雄等を教員として擁し、実質的な同校の基礎を作りました。その後に西洋画科、図案科には、黒田清輝、藤島武二、和田英作、岡田三郎助等が教員として着任しました。天心は、明治31年(1898)に同校を離れ、橋本雅邦、横山大観、下村観山、菱田春草等と日本美術院を結成しました。これらの経緯は、当時の日本が東洋の伝統への撞着と西洋からの新しい風との葛藤の狭間にあった事の証とも言えるでしょう。美術学部構内に、岡倉を記念して設置された六角堂には、平櫛田中の手による「岡倉天心像」が置かれています。
 岡倉天心記念公園は、東京美術学校を共に辞した横山大観らと設立した日本美術院の跡を、台東区が記念し、公園として昭和42年(1967)に開園しました。園内には岡倉天心を記念した六角堂が建ち、堂内には平櫛田中作の天心坐像が安置されています。(台東区谷中5-7-10)

文化探訪の東京藝術大学のページへ

 

平櫛田中「岡倉天心像」(東京藝術大学蔵)
 
台東区谷中(旧谷中初音町)の天心の邸宅跡は、日本美術院跡として「岡倉天心記念公園」として整備されています。桜の季節には、桜色が六角堂を染め上げます。

 


日本美術院跡の谷中鶯の碑
天心が即興で詠んだ詩の碑が、横山大観の筆により建てられています。歌には、鶯と紅梅の絵が添えられています。


  谷中鶯 初音の血に染む 紅梅花
  堂々男子は死んでもよい
  奇骨侠骨 開落栄枯も 何のその
  堂々男子は死んでもよい

 岡倉天心(1863-1913)は、東京美術学校(現東京藝術大学)の第二代校長として美術学校の設立に尽力し、後には日本美術院を創設し、またボストン美術館中国・日本美術部長として、日本美術の紹介、そして啓蒙に努めました。
 幕末の文久2年(1863)、海外に開かれた横浜の地に生まれ、母の死去の後に寄寓した長延寺での漢籍の修得、そして英語塾での練達、そしてその語学によりアーネスト・フェノロサ(1853-1908)の助手として日本の美術品収集の経験が、後の天心の国際人そして日本や東洋美術界の泰斗としての資質を形成するに至りました。明治維新の混乱と廃仏毀釈運動により、それまで顧みられなかった日本の美術品に関心を持ち、研究を進め、その価値を海外にも広めたフェノロサは、後の日本美術の復興に最も寄与した人物でした。
 当時の文部省図画調査会の命を請けて、フェノロサは天心と共に古社寺の宝物調査を行い、法隆寺夢殿(八角円堂)を開扉した経験は、その後の天心自らが開いた六角堂(観瀾亭)へのこだわりにも由来しているようです。

 
日本美術院設立時の新聞記事、写真
天心の東京美術学校校長の辞職、そして共に辞職した美術学校教授の騒動は、驚きを以て伝えられています。そして、明治31年(1898)の日本美術院設立には、財界、官界、そしてアメリカからの寄付等が寄せられています。開所式の写真には、橋本雅邦、天心を初めとして、大観、春草等の顔も見えます。

平櫛田中「五浦釣人」(昭和37年(1962)作)

日本美術院が経営難に陥った後の明治39年(1906)、天心は当院を「東洋のバルビゾン」と見なした茨城県五浦(現北茨城市五浦)に移しました。天心に伴った横山大観菱田春草・下村観山・木村武山等は、そこで厳しい生活を送りましたが、後の日本美術の新たな作風を拓くに至りました。五浦に居を移した天心は、国内外を忙しく飛び回る一方、五浦の自宅で静養し、また釣りにも没頭し、自らを「五浦老人(いづらろうじん)」、「五浦釣人(ごほちょうじん)」とも号しました。天心を敬慕していた平櫛田中は、繰り返し「五浦釣人」を刻んでいます。(茨城大学五浦美術文化研究所所蔵)

 
平櫛田中「岡倉天心像」(台東区天心記念公園)
 

六角堂に置かれた平櫛田中の手による「岡倉天心像」は、天心の日本美術における造詣への自負を表すと共に、田中の天心への帰依が如実に表されています。天心は、東京美術学校の制服として定めた法服を纏っています。

東日本大震災復興支援映画「天心」のロケ地となった茨城県五浦の五浦岬公園

 


茨城県五浦の五浦岬公園では、平成25年(2013)に製作・公開された復興支援映画「天心」(松村克弥監督、竹中直人主演)のロケが行われ、今は無き日本美術院の建物が復元されています。同映画は、台東区での公開を初めとして全国各地で上映されました。
 

映画「天心」
岡倉天心(茨城県天心記念五浦美術館所蔵)

 
 岡倉天心(岡倉覚三、1863-1913)は、横浜に生まれ、東京開成学校(現東京大学)に学び、同校講師フェノロサの美術論に強い影響を受け、文部属を経て、フェノロサとともに欧米美術視察に派遣され、明治23年(1890)に東京美術学校初代校長濱尾新を継いで第二代校長となりました。フェノロサを初めとして黒川真頼、橋本雅邦、高村光雲、川端玉章、巨勢小石、狩野夏雄等を教員として擁し、実質的な同校の基礎を作りました。その後に西洋画科、図案科には、黒田清輝、藤島武二、和田英作、岡田三郎助等が教員として着任しました。天心は、明治31年(1898)に同校を離れ、橋本雅邦、横山大観、下村観山、菱田春草等と日本美術院を結成しました。これらの経緯は、当時の日本が東洋の伝統への撞着と西洋からの新しい風との葛藤の狭間にあった事の証とも言えるでしょう。美術学部構内に、岡倉を記念して設置された六角堂には、平櫛田中の手による「岡倉天心像」が置かれています。
 岡倉天心記念公園は、東京美術学校を共に辞した横山大観らと設立した日本美術院の跡を、台東区が記念し、公園として昭和42年(1967)に開園しました。園内には岡倉天心を記念した六角堂が建ち、堂内には平櫛田中作の天心坐像が安置されています。(台東区谷中5-7-10)

 
文化探訪の東京藝術大学のページへ
 

 

平櫛田中「岡倉天心像」(東京藝術大学所蔵)
 

台東区谷中(旧谷中初音町)の天心の邸宅跡は、日本美術院跡として「岡倉天心記念公園」として整備されています。桜の季節には、桜色が六角堂を染め上げます。

 

日本美術院跡の谷中鶯の碑
天心が即興で詠んだ詩の碑が、横山大観の筆により建てられています。歌には、鶯と紅梅の絵が添えられています。


  谷中鶯 初音の血に染む 紅梅花
  堂々男子は死んでもよい
  奇骨侠骨 開落栄枯も 何のその
  堂々男子は死んでもよい