台東区文化ガイドブック・文化探訪
お知らせ 歴史を歩く 文化に学ぶ 風物に遊ぶ 技を知る 街を語り継ぐ 台東区の史跡・名所案内 マップナビ
上野寛永寺を訪ねる
寛永寺に聞く
浦井正明執事長に聞く

タイトルページへ

ページ 1 ページ 2 ページ 3 ページ 4 ページ 5

次のページへ

動画を見る

掲載:2007年9月20日
上野寛永寺根本中堂

上野寛永寺(天台宗東叡山寛永寺)は、天海僧正(慈眼大師)の進言により、江戸城の艮(うしとら、北東)の鬼門の守として、寛永2年(1625)に本坊が落成しました。東叡山は東の比叡山を意味し、寛永年間に創建時の年号によって寛永寺の勅号を与えられています。上野寛永寺は、将軍家の墓を芝増上寺と二分して菩提寺として成り、上野の山一帯に本坊円頓院を初めとして諸堂、子院がありましたが、慶応4年(1868)の東征軍と彰義隊による、いわゆる上野戦争時に、その多くが焼失しました。現在の根本中堂は、明治12年に川越喜多院本地堂を移築したものです。(台東区上野桜木一丁目)


東叡山寛永寺のページへ




上野寛永寺は、今も歴史の中にありました。
上野寛永寺根本中堂 上野寛永寺根本中堂
上野寛永寺根本中堂 上野寛永寺根本中堂
上野寛永寺根本中堂

 上野の杜(もり)ほど、江戸から明治への変革期、そして大正・昭和の歴史を物語る地はないでしょう。そして、上野寛永寺はその中心としてありました。江戸期には、将軍家の菩提寺として、また上野山下も寺町として賑わいました。歌川広重(安藤広重)が描いた「江戸百景」にも、その賑わいの風情が残されています。

歌川広重「名所江戸百景 上野山した」 歌川広重「名所江戸百景 上野清水堂不忍ノ池」

歌川広重「名所江戸百景 上野山した」

歌川広重「名所江戸百景 上野清水堂不忍ノ池」


ページトップへ

Copyright (C) Taito City All Rights Reserved

Taito City Culture Guide Book