台東区文化ガイドブック・文化探訪
お知らせ 歴史を歩く 文化に学ぶ 風物に遊ぶ 技を知る 街を語り継ぐ 台東区の史跡・名所案内 マップナビ
国立科学博物館に学ぶ
国立科学博物館に聞く
国立科学博物館に聞く

前のページへ

ページ 1 ページ 2 ページ 3 ページ 4 ページ 5

タイトルページへ

動画を見る

中型象限儀
 象限儀は測量のための観測器具。伊能忠敬の師である間重富が「霊台儀象志(南懐仁等撰、1674)」などを参考にして作らせた天体の角度測定器です。象限儀には、1/4円形状の半径6尺の大型象限儀と半径3.8尺の中型象限儀があり、全国測量には中型が用いられました。
 


地図作成に用いられた製図道具一式

龍泉寺の路地から、一葉の声が聞こえます。

 日本地図編纂に大きな貢献を果たした伊能忠敬は、下総国佐原(現千葉県)の伊能家の家業興隆に精を出す傍ら、数学・測量・天文などを研究し、漢詩・狂句も良くし、子斉と字し、東河と号しました。五十歳の時に家督を譲り、江戸に出て高橋至時の門に入り、西洋暦法、測図法を学びました。寛政12年(1800)に幕府に願い出て蝦夷地(現北海道)東南海岸の測量に着手して以来18年間、全国各地を測量して歩きました。しかし、地図未完のうちに文政元年(1818)に七十四歳で没しました。
 地図作成はその後幕府天文方に引き継がれて、没後三年の文政4年(1822)に「大日本沿海輿地全図」として完成しました。この地図は、「日本輿地全図」、「実測輿地全図」とも称されますが、俗に「伊能図」とも言います。伊能忠敬の墓は、源空寺墓地(台東区東上野)にあり、墓石には「東河伊能先生之墓」と刻まれています。師の高橋至時は、文化元年(1804)に四十一歳と若くして没し、墓は源空寺にあり、墓石には「東岡高橋君墓」と刻まれています。伊能忠敬は、師の側に葬られる事を願って遺言としたとのことです。(参考:たいとう名所図会)

地球儀(18世紀初頭製作)
 日本人が作成した地球儀。イエズス会の宣教師マテオ・リッチに因む地図を描いています。西洋から伝えられた地球儀や天球儀は、幕府天文方の渋川春海が元禄3年(1690)に製作したものが最初とされています。
[写真をクリックし、写真の詳細を見ることができます。]

天球儀(安政2年(1855)、藤本蓼江照作)
 明治以前の日本の天文学は中国の影響下にあり、中国固有の星座が使用されますが、本天球儀では、西洋天文学を取り入れた「儀象考成(ぎしょうこうせい)」(1752)を基としていると考えられます。安政5年(1858)8月に出現したドナチ彗星の日々の位置が記されているのが興味深い。
[写真をクリックし、写真の詳細を見ることができます。]

星座之図[複製](文化10年(1813))
 高森観好(1750-1830)が描いた、天の川も加えられた独特の彩色による星図。観好は、器物製作に長けていて、オクタント(八分儀)、象限儀、温度計、天文時計などの多くの科学器械を残しています。平賀源内が修理・製作したエレキテルなども、独自に製作したと伝えられています。
[写真をクリックし、写真の詳細を見ることができます。]

天文成象図[複製](元禄12年(1699)
 日本人の観測による初の天体図。渋川春海が製作した天体図(星図)は、寛文10年(1670)に「天文列次之図」、延宝5年(1677)に「天文分野之図」があります。いずれも中国の星図を基に星座名も中国名をそのまま使用しています。本図は、春海らが自ら観測した61座308星を付け加えた天体図です。
[写真をクリックし、写真の詳細を見ることができます。]

間縄(けんなわ)[複製]
 江戸時代の測量は、西洋のように光学的な測量器具がなかったため、せいぜい数百メートルを歩測、もしくは間縄や間尺(樫棒)、竹尺、鎖尺などで直接測りました。いずれも誤差がありました。伊能忠敬は、全国測量に際して少しでも誤差を少なくするため、鉄鎖尺を用いています。
[写真をクリックし、写真の詳細を見ることができます。]

伊能忠敬使用の量程車[複製]
 量程車は、動輪と連動した歯車機構を用いて、動輪円周を歯車回転数にして距離を測る道具。伊能忠敬の時代には、いくつかのタイプの量程器が製作されています。原資料は、佐原市の伊能忠敬記念館に所蔵されています。
[写真をクリックし、写真の詳細を見ることができます。]

ページトップへ

Copyright (C) Taito City All Rights Reserved

Taito City Culture Guide Book